みんな認めてほしい

最近仕事では、
本当、いけてないなー自分!!!と思うことが多くて。

でもそんな気持ちの裏にいーっつも
「私もがんばってる、認めてーーー!」
っていう小さな叫び?みたいなものに気付くんですね。

世間的にみたら「いけてない」かもしれない…。
でもだからって、見捨てないで、
私を認めてーーーっていうような叫びです。

ここで、この気持ちを知らんぷりすると
「言い訳」「周囲のせいにする」が延々続くのですが、
「そうだね、そうだね、コレもまた私だね…いけてない、でもいいよ」
って認めることができたら、
「認めてくれーーーー!」っていう叫びではなくて
ただ、ただ、うまくできないなぁと思っている、
むき出しの自分がいるだけのように思います。

要はイケてるかイケてないかなんて自己判断なのですが、
「イケてなくても、いい!」って
自分に言ってあげられるかどうかなのかな…と思います。

「イケてない自分なんて、大嫌い!!!」って
自分に言い続けると、一方で
「やめて、私を認めてーーー!」と
叫び続ける訳です。

そしてその叫びを、周囲に向けてしまうのかな~と思いました。

今日、そんなことを思ったのは
金曜の夜のサラリーマンの聖地で深夜近くみんなが
「私を認めてーーー!」と叫んでるように見えたのです。

それから、私もちょっと酔っぱらってしまって
私が、
「この人は周囲に貢献しているなぁ…」
と思う人に、
「会社の評価に簡単に反映されないし、しにくいけど、
 すごーーく、現場に貢献していると思いますよ。」
と、しつこく伝えていて、その方も最初は謙遜していたのですが、
どこかのタイミングでその方の心にふっと響いて、
心が涙ぐむ感じを感じたのです。
(酔っ払いの気のせいかもしれませんが)

そして私はちょっとそれに驚きました。

だってその方は普段私なんかよりずっと職場で
「認められている」感じを味わっていてそこは埋める必要がないほど
充実していると思っていたからです。

ああ、こーやってしつこく言われないと
わからないんだ…ってびっくりしたのです。

そう思って周囲を見渡してみれば、
みんな「認めてくれーーー!」って叫んで見えるように見えました。


_IGP9054.JPG

この記事へのコメント