ひとり言マッピング無料モニターで気付いたこと

お盆休みですが、旅行もせず東京にいるのは初めてかもしれません。
付き合いでまた自習スペースに来ています。
周囲の人はなにやら難しそうなミーティングや勉強をしているようですが
私はのんびりブログを書きます。

何について書こうかなぁ…と考えて、思いついたのが
先月うけさせて頂いた、加藤由季子さんの「ひとり言マッピング無料モニター」のこと。
感想を書かせていただこうと思いながら気力が出ず書かずじまいでしたので、
かなり遅ればせながらですが、書いてみたいと思います。
(ちなみにこちらの無料モニター、受付は既に終了しております。)

加藤由季子さんとは、そのモニターの日が初対面でしたが、すごく柔らかい雰囲気の方で
出会った瞬間に「ホッ」っとしました。

そしてマッピングもとてもスムーズに進み、楽しい時間でした。

たまに、痛いとこを見たくないので、ウソをつきたくもなりますが、
そこでウソを言ってしまったら意味がないので、
かっこわるくても、
できる限り飾り気ないほんとの気持ちを出すように意識しました。

そして、このマッピングでわかったことは、
私が自分自身の価値は「今の仕事で安定した収入がある私」にあると
ずいぶん強く信じているんだということ。

こころの表面では、そうじゃない、と打ち消したいんです。
収入とか、関係なく、自分に価値があるって信じたいんですけど、
それは上滑りで、自分の前提として全然浸透してないな~って思いました。

私は本当に、貧乏が怖くて、それに支配されてきた部分があるな~って
改めて気づかされる貴重な機会でした。

ほんとうにありがとうございました。
_IGP8006.JPG

この記事へのコメント