仕事について最近思うこと

昨日は、さーー色々書こうかなと思ったら
思っていたより、夫が早く帰ってきたのでそっとPCを閉じました。

今日はここ数ケ月、正確には今年の3月くらい?から
仕事で感じたことなどを書いてみたいと思います。

自分を生きたい、と思うようになって、
仕事についてもアレコレ考えるようになりました。

それまでもたくさん悩み、考えてきたのですが、その結果
「割り切って仕事は仕事で淡々とこなす。」
というのが30代初めまでの私の仕事に対する基本的な姿勢になっていました。

仕事に悩まされたくない、心を開け放したくない、
職場で出会う人は、「仕事上の知人」であり、プライベートは別。

根本的にはそんな感じがあったかな。

でも、「自分を大切にしたい。自分を生きたい。」
と思うようになって、
仕事をしている時間も、難しいけれど、小さなところで自分であることを
やってみたいと思うようになりました。

会社で与えれる仕事は確かに、興味がなかったり、
モチベーションがわかない作業がたくさんあるのですが、
単純に苦にならない作業だったり、意外とワクワクしていたり、
フラットな目線でみるとそんなこともあったのです。
でも、与えられた「仕事」という目線だけでとらえていた今までは
何もかも、「そこまでがんばらなくていい」ってなってしまっていました。
「これくらいしておけば普通かな?」みたいな感覚です。

嫌いな作業だけではなく、
「コレは楽しいな♪」と心のどこかで感じることにさえ、
「これくれいしておけば普通?」と自分を出し惜しみするんですね。なぜか…。

なので、出し惜しみしてるな、と気付いたら
できるだけ自分がやりたいところまでやる、というのも意識するようになりました。
(その裏で、やっていて苦しい作業はできるだけ最短距離で終わらせる…^^;)

意外に「ここまでやりたい」と思っている自分がいるんです。

私はずーっと自分の意見を尊重せずに生きてきたので
この声をたびたび聞き逃す、というか
聞こえているのに聞こえないふりをすることがあるのがわかりました。(^^;)

だから、気付いたらできるだけ、
私のやりたいようにやらせてあげよう、と思うようになりました。

その結果、その結果なのかどうなのか正直なところわからないのですが、
今年の3月くらいから、何故か、部署の人材配置の変更などで今まで8割をしめていた
基本のルーティーンワークが5割くらいに減り、空いた部分に「雑用」が入ってきました。

そしてその、雑用というのが、展示会の準備であったり、
新しく設置する展示場(そんなに華やかなものではないのですが)の、レイアウトの検討や、
収納の検討、展示小物の検討なんかで。
正直なところ、基本の経費処理やインプットなどの事務作業より全然楽しいんです。

展示会の準備も、好きな作業で
ブース装飾会社の人との打ち合わせも楽しいし。
そして新しく設置する展示場の雑用も、心の中ではすごく楽しい…。
6月にはこの関係で出張も行けて、疲れたけど、工場の人に会えて楽しかったんです。

周囲には「本来の業務と関係ないことを押し付けられていてかわいそう。」と思われているようで、
感謝されたりするのですが、
私としては、こちらこそ感謝なのです。

仕事もずーっと、辞めたいとしか思っていませんでしたが、
いや、今もやっぱり辞めたいと思いますが、
そのなかでも、少しでも自分が好きな事をできることに喜びを覚える最近です。

写真は、北海道の青い池。本文と関係なし!
IMG_9837.JPG



この記事へのコメント